HOME > Story  > Material >Shark

シャーク(ワニ革)について | 大阪の革製レディースバッグブランド チキャロ

Shark

サメ

AdobeStock_91051280のコピー (1).jpeg

水産資源として鮫(さめ)の肉や鰭(ひれ)は用いられ、深海鮫の肝臓はビタミン剤に、楯鱗(じゅんりん)は山葵おろしとして用いられています。その楯鱗を脱鱗処理したヨシキリザメをバッグに用いますが、特に喪用のバッグ素材として流通しています。日本では宮城県気仙沼で生息しているため、太平洋沖地震東北地方の影響で一時は減少したこともありました。

20181006DSC00951-1642.jpg
Crocodile
20181006DSC00955-1644_edited.jpg
Python
20181006DSC00959-1647.jpg
Ostrich
20181006DSC00948-1641.jpg
Lizard
20181006DSC00941-1639.jpg
Shark
DSC09129.jpg
etc