HOME > Story  > Material >Crocodile

クロコダイル(ワニ革)について | 大阪の革製レディースバッグブランド チキャロ

Crocodile

ワニ

バッグに使用される鰐(わに)革は一般的に、スモールスケール、ラージクロコ、ナイルクロコ、シャムクロコダイル、アリゲーターなどが流通しています。それぞれに特色があり、今では殆どが養殖です。また、かつては背ワニと言われ、フロントカット(腹裂き)したゴツゴツした背中を用いていましたが、最近では背部分だけを取り除き、バックカット(背裂き)した腹部を用いるようになっています。尚、腹部中央の腑(ふ)は長方形で竹腑(たけふ)と言い、脇腹あたりが丸にちかいため丸腑(まるふ)と言います。腹部に傷のない革が貴重で、腹部中心から左右対称に裁断して竹腑と丸腑がバッグの前面に用いられるのが美しく高級とされています。

従来、鰐革が総てクロコダイル革と呼ばれる訳ではなく、腑に小さな針穴のような穿孔(せんこう)があるのがクロコダイルの特徴でしたが、現在ではそれがないアリゲーターも含まれようになりました。

詳細は下記の通りです。

商業名:スモールスケール(一般和名:イリエワニ)

パプアニューギニア、オーストラリア、インドネシアなどの淡水と海水の混ざるところで生息していて、顎(あご)から腹部の腑の数は31~35列あり、美しく最高級とされていて、最近は生産量の殆どが養殖です。

商業名:ラージクロコ(一般和名:ニューギニアワニ)

パプアニューギニア、インドネシアなどの淡水で生息していて、顎から腹部の腑の数は24~32列あり、その多くは野生です。

商業名:ナイルクロコ(一般和名:ナイルクロコダイル)

アフリカ諸国の淡水に生息していて、最近は生産量の殆どが養殖で高級品とされています。

商業名:シャムクロコダイル(一般和名も同じ)

タイ、ミャンマー、マレーシアの淡水で生息していて、顎から腹部の腑の数は30~34列あり、ポピュラーなクロコダイル革です。

商業名:シャムクロコダイル(一般和名も同じ)

タイ、ミャンマー、マレーシアの淡水で生息していて、顎から腹部の腑の数は30~34列あり、ポピュラーなクロコダイル革です。

商業名:アリゲーター(一般和名:ミシシッピーワニ)

ルイジアナ州やフロリダ州の淡水に生息し、胴長で 長方形の大きめの腑で、顎から腹部にかけての腑の数は29~34列あり、野生は毎年数量を定め捕獲が許可されており、ルイジアナ州では養殖もされています。

<CICHIAROではアリゲーターを殆ど使わず、ナイルクロコやシャムクロコダイルを多く用いています。>

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-13-8-103
TEL:06-6241-5057